Main Menu
News Topics
Recent Links
Top Links
奇天烈 : 将来を見越した就職? とくとめ
投稿者: tokutome 投稿日時: 2010-7-4 13:04:51 (3522 ヒット)

僕の友人の一人は坊さんです。なぜかと言うと、和歌山県高野山の標高800m地点にある大学を卒業したからです。その名も、まんま高野山大学。全学生の2割は実家がお寺ですが、希望者は誰でも100日間修行すれば僧侶の資格を得られます。友人は一般企業に就職する気がないのと、柳のような人生を歩みたい、との希望で坊さんになりました。でもしか坊主です。

僧侶の資格を持っていると、様々な旨みがあります。例えば大学就職課のアルバイト求人に、ときどき「助法僧」と呼ばれる募集がありました。簡単に言うと宗教儀式・法会(ほうえ)の手伝いをするバイトです。これは僧侶資格がないとできなくて、かつ給料が高かった。3日ほど法会を手伝うだけで、16万くらい貰えました。儀式では、ただ読経をハモれば良いだけなのでボロ儲けです。僧侶の修行には100万円ほど費用がかかりますが、資格を取れば、わりと短期間でペイできるのです。バイト僧侶にそれだけの高給を与えるのだから、儀式の首領僧にはかなりの大金が転がりこむに違いありません。どうりで高野山の寺に黒いベンツが出入りするはずです。やはり坊主は丸儲けでした。
早起きが苦でなければ、僧侶は今の時代食いっぱぐれしない就職先とも言えます。なにしろ高齢化社会ゆえ、葬る相手はこれから数がうなぎ上りですから。
と、まあ僕の友人はそんな職業を選びました。今は四国八十八ヶ所巡りの、ケツから三番目の寺に就職しているはずです。でも本当に、一生坊さんでいつづけるのでしょうか。
ちなみに彼は戦国時代末期の剣士・疋田豊五郎の子孫だそうです。ホンマかいな。

印刷用ページ このニュースを友達に送る
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

投稿者 スレッド
fukiko
投稿日時: 2003-8-8 17:51  更新日時: 2003-8-8 17:51
登録日: 2003-7-10
居住地: 東京の南の方
投稿数: 447
 Re: 将来を見越した就職? とくとめ
「でもしか坊主」ってなんですか???
僧侶の免許って100日ってことは
大学の正規の学生として卒業しなくても取れるんですねー。へぇ〜。
私、ミッション系の大学だったんですが、既に仏教の
僧侶の免許を持っていて入学してきた学生が一人いて
宗教の違いを超えてチャペルの牧師さんと大仲良しでした。

投稿者 スレッド
tokutome
投稿日時: 2003-8-7 11:39  更新日時: 2003-8-7 11:39
登録日: 2003-7-7
居住地: 東池袋
投稿数: 37
 Re: 将来を見越した就職? とくとめ
>riuさん江
修行はやはり厳しいそうです。毎回20〜30人の修行者のうち、数人脱落します。最初の数日で音を上げるか、修行の後半で体が故障するか・・・。日に何時間も読経するのですが、当然ずっと正座してるので、膝や足の甲が壊れるのです。
あと毎日夜が明ける前に起きて、数キロ離れたとこにある本堂まで参拝します。歩きです。
制限された食事と肉体的疲労と寝不足で、読経中に幻覚が見えてきて、それを解脱と勘違いする人がいるとかいないとか。

投稿者 スレッド
riu
投稿日時: 2003-8-7 6:37  更新日時: 2003-8-7 6:37
登録日: 2003-7-3
居住地: 東京都
投稿数: 237
 Re: 将来を見越した就職? とくとめ
すげー、楽勝人生じゃん。
まー、坊さんがナマグサでも儲かっているハナシは良く聞くが、就職先という観念は不思議と思いうかばなかった。

資格として考えたこともなかったし。
これほど手堅い資格はないね。

>全学生の2割は実家がお寺
ほえー、意外と少ないもんですね。8割ぐらいの気がするが。
修行はきびしいのだろうか。きびしいんだろうね、きっと。
Login
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
Search
Big Story

本日のトップニュースはありません